« 主翼テスト | トップページ | 3号機完成 »

2008年9月30日 (火)

2号機進化系

Hi390362_2  好感触だった2号機を、さらに改良しています。

胴体の高さを55mmから50mm、モーターの取り付け位置が上寄りだったのを中央に変更して、さらなる空気抵抗を減らそうと言うのが狙いです。

まあ、発泡君ですので、本物のグライダーのようにはいきませんが・・・。

あと、テンプレートも工作用紙で作っています。

サーボ穴も加工済みですので、製作時間も短縮できますね。

これで、2号機の量産が進みそうです

それと、先日作った110cm翼の翼型は、AG45の滞空モードで切り出しています。

スカイウォーク2の翼型でも満足していましたが、明らかに『浮き』の違いが感じられたので、もう旧型は使えなくなってきますね・・・。

人間というものは、欲が深いですね~

それでも、制作費は500円以下ですから、Bクラブ恐るべしですね

|

« 主翼テスト | トップページ | 3号機完成 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 主翼テスト | トップページ | 3号機完成 »