« 今週も登山。 | トップページ | 受注生産!? »

2008年10月21日 (火)

スロープ用主翼

Hi390413 スロープ用の1段上半角タイプが予想以上の好感触だったので、105cm翼も製作することにしました。

なぜ105cmかと言うと、切り取ったパーツの残りを使ったので、少し短くなってしまいました。

しかし、110翼とほぼ同型で上半角だけ違うことになります。

先日のスロープでテストして思った事は、地上でのサーマル飛行では、自立安定性が良い2段上半角が良く、スロープでは運動性が良い1段タイプが合っている様に思います。

ただ、スロープでも風が弱くリフトがあまり無いときには、2段タイプが良いかもしれませんね。

あと、風の強さにあわせてバラストを積むようですが、そうすると機体重量が重くなるので飛行には好都合ですが、着陸には重量増は機体破損などのリスクが増えると思います。

これは、あくまでB倶楽部RC工房的な考えですので、あまり信用しないで下さいね。

そこで考えたのが、機体に重りを積むのではなく、主翼の大きさを変えて翼面加重を調整する事です。

メーカー製の高価か機体ですと何種類も主翼を揃えるのは金額的に難しくなりますが、発泡君だと1枚のボードから10本以上の主翼を作ることができます。

しかも、重量は50g有るか無いかの世界ですので、登山時にも負担はほとんど無いと思います。

そして、重量が増えないと言う事は、着陸時の衝撃も少なくて済むと言う事です。

したがって、機体を壊す心配も減る事になります。

と、まあ考えてみましたが、発泡君だから出来ることだと思います。

墜ちて壊れても、笑って済まされますからね~。

最近のピカピカの機体は、いくら『飛ばして良いよ~』と言われても、飛ばす気になりませんから・・・。

|

« 今週も登山。 | トップページ | 受注生産!? »

コメント

翼長は110でお願いします。63えんじん大会あるみたいよ?

投稿: ss | 2008年10月21日 (火) 19時01分

主翼切り出していますよ。
あす、補強用の溝いれますね~。

あと63の大会ですが、肝心なエンジンが来なくては話になりません・・・。
エンジン3ヶ月ほど待ていますが、まだまだのようですね。

まあ、当分グライダーの開発が忙しいと思うので、気長に待ちます。

投稿: miyashu | 2008年10月22日 (水) 04時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今週も登山。 | トップページ | 受注生産!? »