« MH32翼型 作製 | トップページ | MH32主翼  »

2008年11月 2日 (日)

昼から視察&製作

Hi390457 昼から少し時間ができたので、秘密のスロープを見に行きました。

道路から上に登れる道があるので、行ってみることにします。

Hi390456 斜面の上に登ってみると思ったより平坦で、ススキが人の背ほど伸びていました。

飛ばすには、やはり道路側からとなりそうですね。

せっかく来たので、1フライトだけしました。

今日は西よりの風でしたので、このスロープにはリフトがあまり出ませんでした。

フライト出来る条件は、東か南よりの風と天気が良くサーマルが発生している時ですね。

北風や西よりの時は、飛ばせない感じですね。

まあ、冬時期以外は飛ばせそうなので、春から秋口まで楽しめそうです。

エンジンが揃うと、お外用のファンフラィ機が要らなくなりますね~。

Hi390460 それと、県内在住さんより主翼を頼まれていますので、夕方にサクサクと切り出しました。

Hi390461 最初はカッターで外寸を切り出そうとしましたが、切りくずがでるので結局熱線で作業しました。

Hi390462 一気に5枚にさばきました

Hi390467翼型に形成しましたが、最近のAG系と違う感じです。

浮きより、よく走りそうな感じの翼のようですね。

県内在住さんのこの主翼を使ったグライダーが、どう飛ぶか楽しみですね。

|

« MH32翼型 作製 | トップページ | MH32主翼  »

コメント

翼の切り出しありがとうございます。
どのような機体にしようかと考えています。
とりあえずピュアグライダーではなく
モーターグライダーにする方が
用途が広いのではないかと思っています。
翼についても、前縁、スパー、後縁と
エルロンの受けを2㎜バルサにしては
どうかと思案中です。
胴体もバルサで作ることにしていますが、
デザインをどうするか検討中です。
少し丸くしたいけどな~って感じです。

投稿: 県内在住 | 2008年11月 2日 (日) 20時58分

良く走りそうな翼型みたいですね。

もっと対称翼に近いRG系もありましたが、とりあえずこのMH32でデータを取って行きたいですね。

あと胴体ですが、滑空性能を考えたらやはりバルサになってしまいますね。

胴体幅を細く出来るので、発泡号とは空気抵抗に差が出てくるみたいです。

ただ、お手軽に出来る発泡号とは、飛ばすポイントで使い分けていくと良さそうですね。

昔のオー君やビー君のようなデザインなども、スタントグライダーに良いかな~と考えています。

やはり、思い出の機体ですし

投稿: miyashu | 2008年11月 2日 (日) 21時45分

2日続けての調査お疲れ様でした!
私の方は奇跡的に昨日もスロープ(大観峰)に誘って頂いて行って参りました。
F3J機も9月に行った時は状況が悪く飛ばしませんでしたが今回はベテランの方に調整して頂き無事飛行だけでなく、初発航から着陸まで何とか壊さずに出来ました。
でかいのは確かに(大観峰)飛ばしてみると良いですが、こちらでは飛ばせる場所もなくやはり普段は手軽で性能の良い発泡君かな~と、、、感じました。
しかし、アルーラ君はトイラジ感覚ですがあそこでも楽しめましたよ。
皆さん感心しておられました。家族連れで観光に行きこそっと投げるならやっぱあの小ささは最高です!

投稿: bikes | 2008年11月 3日 (月) 06時39分

大観峰満喫されたようですね~。

アルーラは持っている人が少ないですので、グライダー屋さんからしたら珍しいかもしれませんね。

あと秘密のスロープですが、道路の上は意外と平坦でしたので、飛ばすのは道路からとなりそうですよ。

それと、スロープ用のスタントグライダー翼を作っていますよ。

どうなるか楽しみですね。

投稿: miyashu | 2008年11月 3日 (月) 11時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« MH32翼型 作製 | トップページ | MH32主翼  »