« 発泡GP修理完了 | トップページ | 50xc2号機 改造 »

2009年1月24日 (土)

新着陸システム!?

Hi390622 今日は修理が完了した発泡10君を持って出かけました。

朝はうっすらと雪が積もっていましたが、昼過ぎには風も弱くなってきたので、テストフライトにはもってこいでした。

しかも、通常の土曜なら沢山のフライヤーが集まっていますが、この寒さですので誰もいませんでした。

と言うより、こんな寒い日に飛ばすのが変?かもしれませんが・・・。

早速テストフライトですが、今日のメインは脚の変わりのアゴを試します。

まず地面に機体を置いてみてペラが地面と当たらない事を確認して手投げ発進。

普通に上空飛行をして、いざ着陸です。

新着陸システムがきちんと出来るか?

そう、胴体着陸です。

エンコントリムを一番下げて、エンコンスローでエンジンが止まるようにしてランディング~

結果は、滑るように胴体着陸してくれました。

あまりに綺麗な胴体着陸でしたので、自分でもビックリでした

新着陸システム、大成功です。

今まで無傷で降りてきたことが無い機体でしたが、今日は無事に4フライトほど出来ました。

後は、上空飛行での変なクセを解消することですね。

エレベーター方向のピッチングクセとエルロン方向の不安定さです。

これは水平尾翼の容量upと動翼の小型化、エルロン側は主翼の上半角を付けてやれば解消できると考えています。

現在3号機を製作中なので、次こそは飛ばしやすくなると思います。

主翼はなんちゃって翼型ではなく、きちんとした対称翼を持たせているので期待大ですね。

|

« 発泡GP修理完了 | トップページ | 50xc2号機 改造 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 発泡GP修理完了 | トップページ | 50xc2号機 改造 »