« 3月3日のフライト | トップページ | 3月17日のフライト »

2013年3月 5日 (火)

ついでに改造

Fj310378 順風用のカナライザーもついでに下半角仕様に改造しました。

と言っても、半分に切って加工しただけですがね

Fj310379 横風用との比較ですが、下半角が少なかったみたいですね。

まあ、こんなもんでしょう

|

« 3月3日のフライト | トップページ | 3月17日のフライト »

コメント

こんばんは、
本日SK3 213KVが到着しSK3クラブの仲間入りとなりました。
B787騒動で航空輸送がどこかでストップしないかと心配しましたが何とか無事に到着しました。
ホビキンHPではシャフト径が8mmとなっていますが箱をあけて見ると同見ても10mmです。Miyashuさんのはどうなってますか?

ソラモン

投稿: ソラモン | 2013年3月 6日 (水) 23時14分

ソラモンさん

モーター来たようですね。
うちのは8mでしたよ。

SK3の前に使っていたモーターは10ミリシャフトだったので、もしかしたら仕様変更されているのかもしれませんね。

シャフトが大きくなればベアリングも大きくなるので、耐久性や強度も上がると思いますよ。

機体に取り付けるまえに、手で回して異音や干渉を確認してくださいね。

最近、仲間内のSK3取ったんですが、中でコードが干渉していた物があったので。

それと航空便ですが、今のところリポも送って来てますよ

投稿: miyashu | 2013年3月 7日 (木) 01時45分

こんばんは、ソラモンです。
SK3ですが、プロペラシャフトが10mmで、モータのシャフトは8mmでした。RotoMaxがどちらも8mmだったので、プロペラシャフトも8mmとの先入観でした。プロペラの穴を10mmにするのが面倒と思った次第です。
今週はSK3のマウントのカーボン補強が硬化不足でテストできなかった事もあり、またHobbyWingの120A ECSが手に入ったのでRotoMAx1.4+HobbyWingでテストしました。
このESCは取説がホビキンの120Aとまったく同じなので同一製品のようです。MC9100Aのような脱調現象もなく20×11APCでフルハイまで回わせました。電流は85A程度でした。パワーは最後まで170cdi並みでフルハイはほとんど不要で1パターン+アルファ約8分強で10セル4500mmの残量が20%とまずまずでした。
来週はSK3+MC9100Aのテスト予定です。
ちなみにモータ重量ですが
RotoMax1.4が745g、SK3が770gでした。


投稿: ソラモン | 2013年3月11日 (月) 22時22分

ソラモンさん

1.4も無事に回ったようですね。
フルハイで85Aはちょっと気になるところですが、できれば80A位で抑えたいですね~。

モーター・アンプは問題ないですが、リポの寿命を考えるとできるだけ抑えたい所です。

あと1.4は回していくとどこかで軸ガタが出る可能性がありますので、確認してくださいね。

SK3でAPC20×11では、ちょっとだけピッチが足りないかも?


それと1.4とシャフト径が違うので、ホームセンターなどにアルミパイプが売っていますので、カラーを作ると良いですよ。

投稿: miyashu | 2013年3月12日 (火) 16時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 3月3日のフライト | トップページ | 3月17日のフライト »