« 雨だったので・・・ | トップページ | モーターテスト »

2013年6月30日 (日)

久しぶりのフライト

Fj310522 2次予選以来ひさしぶりにフライトしました。

飛行場の草も伸びるのが一段と早くなってきてますが、T会長が昨日草刈したとのことで綺麗になってました。

今日はモーターを245Kvに交換して、ペラを19×12にしています。

Fj310524_2 けっこうな正面風が吹いてましたが、機体がそれなりに走るのであまり風を感じませんでした。

機体が勝手に飛んでいってくれるので、あまり細かいところを気にしなくて済む感じかな?

今日は245Kvの19×12ペラの組合せだったけど、213Kvだと20×12もしくは20×13位になってくるんじゃないかな?

ピッチが13とか使い出すと、やはりブレーキ設定できるアンプが欲しくなってきますね。

Fj310523_5 それと、PCファンが2個転がっていたので、リポ冷却用に製作しました。

新しいリポならフライト後の温度も冷たいまんまですが、さすがに古いリポはあっちっち~になっちゃいます。

これでリポの冷却もOKですね

Dc063001_4 そして、本日のデータ。

スロットルはプロポ側で55%。

MAX63Aと、最大負荷電圧が3.6Vとまだまだ余裕。

Dc063002_3 2フライト目。

スロットルを途中から55%から2段階設定で65%に引き上げて、アンプ側の開度は85%。

MAX65.7Aと最大負荷電圧は3.46V。

まだ余裕がありますね。

ただ、モーターはあくまで213Kvを使いたいので、もう少しデータ取りが必要ですね。

|

« 雨だったので・・・ | トップページ | モーターテスト »

コメント

miyasyuさん、HKです。こんばんは、ぼくのPlettenbergはKV210ですが、21*14で回します。地上で全開ATV100で90A流れますが上空は全然それより少ない。去年の選手権は21x15を使いました。しかしスコーピオンは20x13が限界みたいです。単純にkvだけではなさそうですね~奥が深いです。

投稿: HK | 2013年7月 1日 (月) 21時34分

HKさん こんばんわ。

モーターはKv値の他に、缶の大きさやマグネットの強さでも性能が大きく変わって来るようですね。

高いと言うか高級モーターは、とにかくマグネットの性能が高いので大きな負荷にも耐えるようですね。

ホビキン製のモーターはマグネットがボロイので、大きい=重たいモーターでフライホイール効果でペラを回している感じです。

あと、アンプやバッテリーでも回せるペラも変わってくるので、毎回ペラ選択で悩みますね~。

っと、これは安いモーターの場合に特に感じます。

投稿: miyashu | 2013年7月 1日 (月) 22時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雨だったので・・・ | トップページ | モーターテスト »