« 久しぶりのフライト | トップページ | 個別にデータ取り »

2013年7月 1日 (月)

モーターテスト

Fj310525                             

モーターを245kvから214kvに交換しました。

Fj310526 そしてペラもかなり捻ってピッチを増やした?ので、早速テストです。

Dc070101 アンプ開度95%でMAX91A、3250Wでした。

負荷電圧が3.5vはあるんですが、やはり90A超えはリポの寿命を短くするので、できれば80A以下に抑えたい所ですね。

Dc070102 個別でみると、開度80%で61A、5590回転。

ちょっと物足りない感じかな。

Dc070103 続いて、開度85%。

70Aで5730回転。

アンペア数的には良い感じだけど、回転数が低いよね・・・。

Dc070104 開度87%

Dc070105 開度90%

80Aとこの辺で抑えておきたい所ですね。

Dc070106 開度92.8%

85Aと普通ならまだ余裕と行ったところかもしれませんが、リポの耐久性を考えるともうムリって感じです。

Dc070107_2 90A超えとなると、フライト中にふとした事でモーター停止なども考えられるので、安全を考えると開度95%は却下です。

とりあえず地上テストなので、あとはフライトして実際のフィーリングを確認ですね。

ペラのピッチは12位のつもりで捻ったんですが、どうもまだ深くなってる感じですね。

それにしても、貧乏臭せ~

|

« 久しぶりのフライト | トップページ | 個別にデータ取り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 久しぶりのフライト | トップページ | 個別にデータ取り »